FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成東條日記「三浦の対米戦略PPT」

「では、発表しまっす!」三浦が立上り、電気を消した。
なんと、三浦はパワーポイントで準備してきたのだ。しかも、持ち込んだ小型OHPは今回のために購入したという。廉価版でも2万は下らない。こいつ、嫁さんとまたもめるんだろうな、と山本は思った。
東條さんは、目を見張っている。「おおっ、すごいぞ、三浦」
パワーポイントが立上り、1枚目が表示された。画面いっぱいの日章旗。と、いきなりブラスバンドの音が。
BGM付きかよ!と、中嶋がつぶやく。しかも曲目は君が代行進曲だ。東條さんは正座してしまった。しぶしぶ、山本も中嶋も正座する。二人の口がぶつぶつ動いているのは、三浦に対する悪口だろう。東條さんの口が動いているのは、君が代を歌っているのだろうか。
画面がフェードアウトし、一面青色となった。そこへ、白抜きで『帝国陸軍対米戦略要綱』と、1字ずつスライドインされる。曲はドリルに入る。こころなしか、東條さんの体が上下に動いているようだ。来たれや来たれ、と口ずさんでいるのかもしれない。
『・現状 日米間の問題
 ・推論 米国の目的と戦略
 ・想定 日米が開戦にいたる状況
 ・戦略 米国の開戦を遅らす策・・・』
画面の一番下に日付と三浦の名前が出たところで、マーチが終わった。たっぷり3分もタイトルだけに使いやがった、と中嶋のつぶやき。君が代ではじめてこの後どうすんだよ、とは山本。東條さんは、もう感激したのか、しきりに頷いている。三浦はといえば、得意満面。にんまりして、今にもVサインをだしそうだ。


「ですから、たとえ支那事変が解決しても、帝国が支那に関わっている限りは米国の干渉は免れません。さらに、支那から民間を含めて総引揚げを行ったとしても、満州帝国に関して同じ問題が残ります」
「ふぅむ。満州からも総引揚げしないとだめなのか。そこまでは、とてもとても」と言った東條さんは、腕を組んだままである。
「支那、満州の両方から総引揚げを行った場合でも、まだ米国が圧力をかけてくる可能性は残ります。実際に、日露戦争の後、米国はずっと帝国の大陸政策に干渉し続け、圧力をかけて来た訳です。それが大きくなったり小さくなったり波があったので、決定的な対立まではいたりませんでした。ですが、それは単に米国にも都合があったからです。例えばモンロー主義、例えば欧州大戦」
「そうすると、米国にずっと・・・、その、都合があればいいわけだ」
「はい、そうです。具体的には、米国が日本に宣戦しない状況はこのような場合です」
画面が変わる。
『米国が日本との友好関係を選択する状況
・国論統一材料の不在
・大英帝国が健在で親日
・米国・英国周辺が不安定


「1番目の最もわかりやすい例は、大統領が宥和的である場合ですね。逆の場合だと、米国が被害を受ける事件や紛争でも代用できます。単なるプロバガンダやイエロージャーナリズムの類でも十分です。それだけで、米議会に上程されると国論となってしまうのです。やっかいな点は、世論や国論が実際に統一される必要がないということです。米国議会が動くのには、5%の国民が騒ぎだす材料で十分なのです」
「まったく迷惑な国だよな~」
「2番目ですが、米国が助言を受け入れる国は、唯一、大英帝国だけです。他の国の助言は、受け入れません。米国が、他の国と同盟を組むことがない、国際連盟に参加することがないのは、このためです」
「なぜかな?」
「それは、大英帝国が帝国かつ強大だからです。米国は、自国より強い国とは戦争しません。これからもありえないでしょう。独立戦争、南北戦争、米英戦争の教訓でしょうね。それは米国本土が戦場だったからです」

「軍事力だけなら、米国は英国より強いかもしれません。が、大英帝国の強さは、軍事力と版図の広大さだけではありません。通信・金融・諜報をはじめとする諸々の帝国を維持する知識・経験や仕組み自体が脅威なのです。米国自身が帝国なので、大英帝国の強さがよく理解できるのです」
「そうか、たしかに米国は帝国と見たほうが理解しやすいな」
「そうなんですよ。50近くの国が集まっていて、人種・宗教・民族・文化・・・いろいろです。欧州大戦前のオーストリア・ハンガリー帝国とかロシア帝国とそう違いません。大英帝国を手本にしたいことが米国には多いと思いますよ」
「・・・大英帝国が、英国でなく、大英帝国として存在する限り、米国は英国の助言に耳を傾けるでしょうし、時として大英帝国の説得にも応じるでしょう」
「そこで、3番目に米国周辺だけでなく、英国周辺が入るわけだな」
「はい。大英帝国の中心である英国と、その周辺つまり欧州が不安定で不穏な場合、米国は動けません。同様に、優先度は下がりますが、大英帝国の版図、英国の植民地の不安定も、米国にとっての関心事です」
「この3つのすべてが満足される場合は、米国は動きません。そこで、米国との戦争を避けるための帝国の外交は、こうなります」
画面が変わる。
『帝国の対米外交戦略
・米国の関心をひく事件を起こさない
・大英帝国の弱体化を防ぐ
・英国と良好な関係を保つ
・英国、米国とその周辺の動静監視
・英国連邦、英植民地の動静監視』
「う~む。これは難儀だ」
「日露戦争当時の明治人の偉大さがわかるな」

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。