FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大東亜戦争のなぜ

私は、国家の選択肢としての戦争を否定しません。また、戦争が政治の一部ならば、内政を理由とする戦争も否定しません。
昭和のあの時期、戦争はむしろ必然だったでしょう。でなければ国内がもちません。

------------------------------------

【大東亜戦争のなぜ】
なぜ、米国に開戦するのか?
・要因は英米不可分論だけか?
・英、蘭、米と、侵攻する順にその都度宣戦でもよいのでは?
 実際に英米には12月8日宣戦布告、蘭には翌年1月12日宣戦。
・日本にとって米国と開戦して得るものは何もない。比島やグアムに資源があるか?
・このとき、米国は連合国だったか?参戦もしていない米国になぜ喧嘩を売る?

なぜ、日本から開戦するのか?
・これは軍令部の都合だろう。政策と統帥とが主客転倒。
 奇襲であっても勝てない戦争なのに。

なぜ、無条件降伏なのか?
・もともと「軍」が降伏するのであって、「国が降伏する」という観念自体が存在しない。
・無条件降伏の要求はルーズベルトが提議した。
・なぜ?条件付降伏ではいけないのか?
 誰にどう都合が悪い?
 →ルーズベルトにとって自分の参戦謀略が米国民にばれるのがまずいので、無条件降伏を要求し、戦争が簡単に終結しないようにした。
 →トルーマンにとっても、原爆や無差別爆撃の違法性を隠蔽するために、一方的な占領・洗脳政策の前提として無条件降伏が必要であった。
 →すると、占領・洗脳あるいは日本の破壊が前提であり、そこへの到達手段が無条件降伏の要求となるが。

-------------------------------------

大日本帝国は、政府から一般国民、民衆までの全員一致により戦争を始めました。戦争という国策の決定にあたっては、その時の政体、法律、慣習が許すすべての手続きに則っています。むしろ慎重に決定した結果、時期を逸したのかもしれません。
もっと早い時期での戦争ならば、対支全面戦争、対蘇限定戦争、蘭印派兵、あるいは対独戦という選択もあったかもしれない。実際に、支那や蘇連に戦争を仕掛けられていたのです。
大正から昭和初めの日本の対外(支那を含む)協調策、つまり外交・内政の比重配分の過誤が、却って日本の選択を狭めたのかもしれません。


2008年11月20日

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。